福岡の高収入のアルバイト/バイトの仕事/求人を探すなら【ぽんぽんネット福岡】

トピックス  Topix

12月15日(土)
ひよ子本舗吉野堂
株式会社ひよ子
株式会社ひよ子
住所:住所:福岡県福岡市南区向野1丁目16番13号
TEL:092-561-7111
営業時間:09:00〜18:00
定休日:年中無休
URL:http://www.hiyoko.co.jp (googleマップで見る)

☆夢枕にあらわれたヒヨコ
○甘い物が好まれた、ひよ子のふるさと飯塚。
ひよ子」のふるさとは、筑豊飯塚。飯塚は昔からお菓子づくりが盛んに行われてきました。それは鎖国時代に長崎の出島に輸入された砂糖が小倉まで運ばれる長崎街道(シュガーロード)に沿って、お菓子づくりの文化が育まれてきたからです。また筑豊といえば、明治初期から炭坑で栄えたところ。肉体労働が続く炭坑で働く人たちの、エネルギーとなる甘いものが好まれたことも、お菓子づくりを支える結果となったのでしょう。その飯塚の地に初代店主・石坂直吉が菓子舗「吉野堂」を開業したのは明治30年。屋号である「吉野堂」は、福岡から飯塚に抜ける八木山に咲く「染井吉野」に由来したものです。
○もっと愛される饅頭を作りたい。二代目の夢がひよ子にまりました。
時は大正元年、飯塚市で明治より続く菓子屋を営んでいた二代目店主・石坂茂は、カフェを営むほどチャレンジ精神が旺盛でした。菓子作りでも従来の丸い形ではない、もっと愛される饅頭をといつも考えていました。そんなとき、夢の中に現れたひよこ。 その愛らしさにやっと探していたものと巡り合えたと感じた二代目は、その形づくりに没頭します。当時、丸や四角しかなかったお菓子の世界で、立体的な、しかもひよこの形をしたお菓子は誰もが想像すらしなかったもの。試行錯誤の末、大正元年の冬、独特の木型とともに、愛らしい形の饅頭「ひよ子」はやっと誕生しました。
茂にとって、この菓子は苦労の末授かったわが子と同じ。だから「ひよ子」と名づけました。わが子「ひよ子」、という思いからです。
会 社:ひよ子本舗吉野堂
住 所:福岡県福岡市南区向野1丁目16番13号
電 話:092-561-7111
◇公式サイトはこちら

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP